マイホームの購入では欠かせない!住宅ローンの審査のポイント | 東京23区の土地・戸建て・マンション購入|モリモト・トラスト

TOPページ >
ブログ一覧 >
マイホームの購入では欠かせない!住宅ローンの審査のポイント

マイホームの購入では欠かせない!住宅ローンの審査のポイント

マイホームの購入では欠かせない!住宅ローンの審査のポイント

憧れに挙げられることの多いマイホームを実際に購入するには何千万円といった資金が必要であり、多くの方にとっては住宅ローンの利用が欠かせません。
融資を受けるために必ず通過せねばならない審査へうまく対応できるよう、押さえたい各ポイントについてこちらでご紹介します。

審査は2回ある!マイホーム購入のための住宅ローン審査の流れについて

最初に受けるのが事前審査で、比較的簡単かつ短時間で終わり、借入できる金額がおおまかに判定されます。
この段階で落ちた場合、現状での高額融資は残念ながら難しい可能性があるため、借入を引き続き希望するなら収入などの条件を一度見直すのもおすすめです。
事前審査を通過したらマイホームの購入の話を本格的に進められ、契約を締結したらいよいよ本審査です。
これが最終審査であり、通過できれば住宅の購入資金を融資されますが、この段階で落ちることもありえるため、結果が出るのを慎重に待たねばなりません。
以上のようにマイホームの購入にあたって融資を受けるには、審査を2回受ける必要があります。
事前審査は住宅購入の仮申請をした段階、本審査は売買契約を締結した段階など、それぞれタイミングも異なるため、不動産会社と相談しながら適時対応してください。

住宅ローンでマイホームの購入資金を借りよう!押さえたい審査基準とは

安定収入があること、現在利用中である他社の借入が多すぎないこと、過去の返済で滞納をしていないことなど、融資を受けるための基本的な条件はもちろん必要です。
借入が一般的に難しい状態だと高額融資の審査にはなかなか通らないため、収入を安定させたり、残債を減らしたりと、条件を整えてから申し込むのもおすすめです。
これらのほか、住宅ローンでは年齢・健康状態・マイホームの評価額も重視されます。
20~30年といった長期の返済に及びやすいため、安定収入を得られる年齢に達していることのほか、完済見込みの歳が高齢すぎないことも重視されるのです。
そして予定の期間にしっかり働いて返済を続けられるように健康状態も重視され、指定の生命保険へ加入できるかどうかを見られます。
返済不能へと陥った際には購入した物件を金融機関が差し押さえて売却するため、それで回収可能な金額かどうかも審査で確かめられます。
以上のように一般的にはチェックされない条件までしっかりと見られるので、申し込む前にできる限り条件を整えておくとよいでしょう。

 

まとめ

借入金額がその他のローンよりも桁違いに高いため、審査も2回にわけて慎重におこなわれます。
誰しもが気軽に借りられるとはいえないものの、各ポイントを押さえてしっかりと対応すれば通過できる可能性も十分にあるため、必要に応じてぜひ利用してみてください。
私たちモリモト・トラスト株式会社は、豊富な情報と知識でお客様の住まい探しをサポートいたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

ページ作成日 2023-12-18