マイホームをシステムキッチンにしたい!システムキッチンの特徴と種類とは? | 東京23区の土地・戸建て・マンション購入|モリモト・トラスト

TOPページ >
ブログ一覧 >
マイホームをシステムキッチンにしたい!システムキッチンの特徴と種類とは?

マイホームをシステムキッチンにしたい!システムキッチンの特徴と種類とは?

マイホームをシステムキッチンにしたい!システムキッチンの特徴と種類とは?

マイホーム購入時には、キッチンのデザインを気にする人も多いといわれています。
毎日料理をされる方なら当然こだわりたいところですよね。
システムキッチンがどうして好評なのか、その特徴と種類をチェックしていきましょう。

マイホームならやっぱりシステムキッチン!知っておきたい特徴とは?

システムキッチンとは、一般的にはつなぎ目や段差がないキッチンのことです。
システムキッチンではないキッチンはセクショナルキッチンといわれ、シンク・コンロ・作業台などが独立しています。
それぞれ独立しているため高さが違って段差ができたり、つなぎ目ができたりしてしまうのです。
段差がないキッチンのタイプとしては他にコンパクトキッチンがあります。
システムキッチンの間口が180cmから300cmなのに対し、コンパクトキッチンの間口は90cmから180cmと狭いのが特徴です。
システムキッチンの特徴は、動線や収納などの使いやすさが考えられているところにあります。
また、つなぎ目も段差もなく、お手入れがしやすい点も魅力です。
システムキッチンは幅広い年代の人に好まれるデザインや、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。
より使いやすくなるように、汚れが落としやすい素材を使ったシステムキッチンも登場しています。

マイホームにぴったりのシステムキッチンを!人気の5種類を紹介

システムキッチンには様々なデザインがありますが、種類は大きくわけて5つあります。
I型・L型・U型・アイランド型・ペニンシュラ型です。
シンクとコンロ、作業台がIのように一列に並んでいるシステムキッチンをI型といいます。
狭いスペースを有効活用でき、賃貸物件に多いシステムキッチンの種類です。
L型とはシンクとコンロ、作業台がLのように曲がって配置されています。
2面が壁に接するように設置されることが多いシステムキッチンです。
U型とはU字に設置されたシステムキッチンで、食器棚や冷蔵庫などを組み合わせて設置されることが多い種類になります。
調理中の移動距離が少なく、壁がなくてもキッチンを独立した部屋のように使うことができます。
アイランド型は、システムキッチンが壁や柱に接していないタイプです。
どこからでもキッチンに行けるので開放感があり、複数人での調理がしやすいのが特徴。
おしゃれなタイプですが、キッチンが全てリビングダイニングから丸見えになるので、常に掃除をして清潔にしておく必要があります。
ペニンシュラ型とは、アイランド型のシステムキッチンの1面だけ壁にくっついているタイプです。

 

まとめ

システムキッチンは、掃除がしやすく使いやすいと人気があります。
カウンターがあるタイプとないタイプなどデザインも豊富なので、マイホームにぴったりのシステムキッチンを探してみましょう。
私たちモリモト・トラスト株式会社は、豊富な情報と知識でお客様の住まい探しをサポートいたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

ページ作成日 2021-02-16