電話番号

営業時間:
9:30~21:00
定休日:
水曜日

東京23区を中心として一戸建て・不動産|モリモト・トラスト > モリモト・トラスト株式会社 渋谷本店のスタッフブログ記事一覧 > 中古物件をフルリノベーションするメリット・デメリットや費用について解説

中古物件をフルリノベーションするメリット・デメリットや費用について解説

≪ 前へ|ご紹介キャンペーン   記事一覧   不動産売却時に役立つ「固定資産税評価額」などの評価額|次へ ≫

中古物件をフルリノベーションするメリット・デメリットや費用について解説

中古物件をフルリノベーションするメリット・デメリットや費用について解説

マイホームの購入を検討する際に、中古物件を購入し、家族の生活スタイルや好みに応じたフルリノベーションをおこなう選択をする方が増えてきています。
一方で、フルリノベーションとはよく聞くものの、何を指すのかわかりづらいと感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、フルリノベーションの概要とそのメリット・デメリットやかかる費用などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古物件のフルリノベーションとは

リフォームが新築当時の状態に戻すことを目的するのに対して、リノベーションとは、新築の状態よりも性能・機能・利便性を向上させ、より生活スタイルにあった建物にするのです。
さらにフルリノベーションでは、建物の骨組みや構造にまでメスを入れ、より良い状態になるよう大幅な回収工事をおこないます。
元の建物は骨組み(スケルトン)しか残らないため、スケルトンリノベーションとも呼ばれます。

中古物件のフルリノベーションのメリット・デメリットとは

「理想の間取り・デザインを実現できる」という点以外にも、フルリノベーションにはコスト面でメリットがあります。
フルリノベーションは建て替えを行うよりも、工費と固定資産税を抑えらるでしょう。
年数の経った中古物件は、新築と比べて固定資産税が安くなる傾向にあります。
固定資産税は築年数が浅いほど高く計算されます。
フルリノベーションは建て替えと違い改修という扱いになるため、築年数の古い中古物件をフルリノベーションすることによって、固定資産税が安くなったまま、改修工事が可能なのです。
また、実際に検討する際には、デメリットも押さえる必要があります。
まず、フルリノベーションは住居の抜本的な改修工事となるので、4~6ヶ月ほどの工期を見ておく必要があります。
その際の仮住まいなどを、考慮に入れておく必要があるでしょう。
また、住宅ローンの金利が高くなる可能性があるということも押さえたい点です。
一般の住宅ローンと比べて、リノベーションのローンは高い傾向にあります。
元からリノベーション済みの住宅を購入する際には、一般の住宅ローンの扱いになるので、選択肢のひとつとして検討しても良いでしょう。

中古物件のフルリノベーションにかかる大まかな費用について

フルリノベーションにかかる総額費用は、マンションで250〜900万円、一戸建てで390〜2,000万円が相場とされます。
費用の目安は、8~22万円/㎡(≒2.4〜6.7万円/坪)ほどです。
設備や素材にこだわらなければ、主に15万円/㎡(≒ 4.5万円/坪)以内で抑えられます。
施工面積からあらかじめ計算しておくと、ある程度の費用を予測することができます。
中古物件の購入費用とフルリノベーションの費用を合わせて、新築の物件との費用を比較してみてください。

まとめ

フルリノベーションは、理想の暮らしを賢く実現することのできる方法です。
マイホーム検討の際には、新築物件だけでなく、メリット・デメリットを考慮しながら、中古物件も探してみてください。
私たちモリモト・トラスト株式会社は、豊富な情報と知識でお客様の住まい探しをサポートいたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ご紹介キャンペーン   記事一覧   不動産売却時に役立つ「固定資産税評価額」などの評価額|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約